読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お題「好きなバンド」

 

女の子に「好きなバンド何?」って聞かれたときの答えとして、全方面の系統の女子から(こいつとはわかりあえないタイプだわ)と思われることなく、かつそれなりに音楽は聴く感を出せるバンドを考えていた。

例えば「好きなバンド何?」と聞かれて、「バックナ◯バー」と答えてみろ男子諸君。

私のようなスレた女は

ワォ!でた!と叫び心のシャッターを閉店ガラガラさせるだろう。

私はバック◯ンバーが好きな男とは精神的に一生わかりあえないと思っている。

バックナン◯ーが好きな男は大抵にして中身がない。ほんと。ただ悪いやつではない。それが余計にムカつく。

会いたいんだ今すぐその角から〜とかいう歌詞に共感するような人、信用できない。精神の構造が違う。

私は歌詞が好きでないと歌手を好きになれない。

嫌われてみたいし 愛されてみたい

とかいう歌詞の方がよっぽど強い愛だ。

 

かといってワン◯クとか言うと、頭悪そうにみられる。

 

そこで。

1番いい答えは

アジカン  だと思うんだ。

 

すごい当たり障りないのに、好印象でしょ!

誰も不幸にならない!

音楽に精通してないから完全なる偏見だけど!!!

アジカンはいいぞ、アジカンを聴け。

そしてその場をうやむやにしのぎたいならアジカンが好きと答えよ。

3/22

例えばバイト先の同年代の女子と私だけコミュニケーションがうまく取れないとか、

どうでもいいような些細なことで本当に世の中を終わらせたくなる

 

完璧主義は本当によくない

できないことがずっと頭の中でぐるぐるしてしまうので、自己肯定感も低くなる

ずっと自分はクソだって思ってしまう

3/19.3/20

3/19

スマホケース買った。

大森さんが道重さんに楽曲を提供した。

感動して泣いた。ミッドナイト清純異性交遊をなんども聴いた。

 

3/20

お母さんと千葉に。

総武線とか乗って五井駅小湊鉄道に乗り換えて、かづさうしく駅でトロッコに乗り換えた

f:id:ZEROsense:20170320194353j:image

トロッコからみたきれいな菜の花

f:id:ZEROsense:20170320195338j:image

パン屋酪でケーキ食べて

f:id:ZEROsense:20170320195359j:imagef:id:ZEROsense:20170320195428j:image

菜の花畑にトロッコ列車が通るのを待った

15時にきた

f:id:ZEROsense:20170320195636j:image

宿にいって、滝見に行った

f:id:ZEROsense:20170320200038j:imagef:id:ZEROsense:20170320200137j:image

5文字しりとりとかした

露天風呂ちょっと入って

ご飯食べたf:id:ZEROsense:20170320200233j:image

 

3/18

成田さんと有楽町でランチバイキングした。

ビックカメラみたり、OIOIでTHREEとRMK試したりして、大森さんとのツーショに備えた。

 

大森さんとのツーショ、ほんと嬉しかったー!!しばらくバクバクして落ち着かなかった!!

帰りも大森さんと同じNAILSINCの血しぶきネイル見つけてホクホク!!

これつければ10年来の指の皮むく癖治るかな?

3/17

デパートでウロウロパンフレットもらったり、ヘレナのマスカラをつけてもらったりした後、

みるちゃんとシナモンカフェに行った!!

かわいいf:id:ZEROsense:20170317235354j:image

スマホケース見たりした後別れて、大森さんのニコラジをみた。

3/13

メルカリがよく売れた日だった。

久しぶりに乗る総武線は西荻窪のアナウンスと出発音で焦燥感を掻き立てられた。

私も高校生だったのに、そのほとんどを忘れている。

人間は9割を1時間半で忘れると聞いて、ブログに日記を書くことにしたのだ。

私が些細なことに思い悩んでいる時も、大森さんは生きて、活動してたのか。

もっと早く知っていればな、

いいものは魂で惹かれるから、私が未熟だろうと、何歳だろうと、大森さんの良さは魂レベルでわかるだろう。

 

のべと葵と私で500円ピザとメルヘンのサンドイッチを食べた後、カービィスマブラをやった。

 

カービィスマブラも小学生以来な気がする、まともにやるの。

星のカービィ64が大好きで、友達の家でワクワクしながらやってた日々よ

お誕生日会などあった日々よ

最期には全てを走馬灯のように思い出すのだろうか

 

帰りにはやっぱりご飯食べようってなって、のべとご飯を食べた

店員が、まつ毛めっちゃ長かった。

サークルの話とかを聞いた。

ワインはいつもより強く感じた。

 

夜、読み終わった清水富美加の出家の本をメルカリに出したら即売れた。

買ってくれた人がいい人そうで、

知らない他人の二言の気遣いの文章は

美容院でシャンプーをしたときのあまく眠くなるきもちいい感覚と似ていた。